カテゴリー:中島孝志の演劇バンザイ!

2016年10月27日 (木)

北翔海莉さん引退公演(宝塚星組トップスター)は最高ですよ!

 いよいよ東京でも始まってます。北翔海莉さんのラスト公演ですね。

 「10年に1度」と言われる柚希礼音さん(08年ブロードウェイミュージカル「スカーレット・ピンパーネル」、10年フレンチミュージカル「ロミオとジュリエット」など)の後を襲って専科から抜擢されたのが北翔さん。みごとにその重責を果たされたと思います。
 次期トップスターは生え抜きの紅ゆずるさん。大阪の酒屋さんの娘さん。

 いずれトップスターにはなると思ってましたが、あまりにもカリスマ性のあった礼音さんの直後では潰れていたでしょうね。さすがに考えてますなあ、宝塚は。間になんでも努力で解決しちゃうタフな北翔さんをキャスティングしたわけでね。使命を十分以上に果たされたと思います。


あなたはえらい!

 ラストの出し物は桐野利秋でしょ。「人斬り半次郎」ですよ。映画では緒方拳さんが演じたのが記憶に残ってます。

 幕末動乱期に薩摩藩の郷士として生まれ、その後、維新の立役者の1人となった人物で、地元では、いまなお、西郷さんと桐野利秋の人気がバツグンです。

 西郷さんを担いで西南戦争に突入するわけですけどね。

 この戦争が最後の内乱となります。そして狡猾な英仏の野望を打ち砕いて日本統一=本当の維新へと導いたわけでね。維新前の旧体制と旧秩序をすべて雲散霧消させるための戦争だったのかもしれません。

 徳川幕府最大の功労者が慶喜だったように、維新の最大の功労者は大西郷であり桐野だったのかもしれません。

 滅びの美学、破滅の論理。こういうテーマがラスト公演にふさわしいかどうかわかりませんが、清く、正しく、美しく、という宝塚精神には合致してるわけで。北翔さんの凛々しさを引き出すには格好のテーマ、人物像だったのかもしれませんね。

 20日までの公演。さすがに貸し切りが多いそうでチケはなかなかとれないでしょうけどね。薩摩弁丸出しのヅカも趣がありまんなあ。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「通貨の日本史 無文銀銭、富本銭から電子マネーまで」(高木久史著・中央公論新社・907円)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

金正男暗殺、北朝鮮の近接未来まで予測した決定版!
[2017年03月28日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

サイコパス親父ベッタリの野党は必ず墓穴を掘る。。。
[2017年03月27日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

総混乱、総混迷、総不安の政治と経済、投資を読み解く「インテリジェンス=知の宝庫」です。。。
[2017年03月26日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2016年10月  >>

            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2月新刊をバージョンアップ。緊急出版です。金正男暗殺の真相そして金王朝の近接未来は? トランプと習近平それぞれの戦略に日本はどう立ち向かえばいいか。メディアが絶対伝えられない政治経済投資に役立つコンテンツ満載です。

大統領なんぞはたんなる操り人形。「奥の院」がトランプに何をさせて儲けようとしているのか? メディアが絶対伝えられないコンテンツ満載。投資家のためのトランプ本です。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

浪花の人情税理士が指南するあの手この手の裏技オンパレードでっせーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

英国はドイツ、イタリア経済破綻を読んでいた?だからEUから離脱した!

ビジネス現場に散らばってる“地雷”を踏まずに済む!1人1冊必携!「仕事ができる人」の虎の巻です。

「孫子の兵法」で勝ち抜いてきたビジネンパースンたちの全方法をご紹介します。これさえつかめば百戦して危うからず、です。

奇をてらった言い回しは逆効果! 一見“神対応"に見せても、“演技"が覗けば評価ガタ落ち!素朴で真摯な態度が、“尊敬オーラ"を発する!

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

悪に徹する『韓非子』は知恵の集大成。「矛盾」とか「信賞必罰」の語源ですよ。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

アマゾンKindle1位のベストセラー。2015年版とは内容がすべて違います。

松下経営の神髄がわかる一冊です。

『論語』って仕事にこんなに活かせるんですよ。指針となる言葉のオンパですから部下指導に最適です。

忙しい人ほど要領がいい。あっという間に仕事をこなすスキルのオンパレードです。

完全図解!「いい仕事してますねえ」と言われる人は必ず「いい道具」を持ってるよ。

日本農業はこんなに強い。世界を制する実力があります。

仕事ができる人たちの具体例を豊富な図解で解説。

ベストセラーを大幅に加筆修正しました。スマホ、タブレット活用法は圧巻です。

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!