カテゴリー:中島孝志のテレビっ子バンザイ!

2018年04月03日 (火)

向田邦子さんの素敵な素敵なドラマ「幸福」を知ってますか?

 この季節、狂ったように夜中やってるのが書棚とDVDラックの整理整頓。もう大変なのよ。

 以前、バカらしくなって本と本棚を廃棄したことがあります。本は一部の趣味つうかライフワークつうか、その類の本だけ残して、古書店に取りにきてもらいました。

 ざっと3万冊。本棚は高価でしたけどこれも処分。ま、ダンシャリつうヤツですよ。後悔? してないねえ。高価な宗教書は大学の先生が引き取ってくれたしね。一冊ン万円もすんだよ。まだ安い方。

 かなり注意して処分してますけど、またまた増えてきちゃいました。売るのも面倒。書き込みしてるから消してください、とか言われたりして。んなことしたくないから古書店に来てるわけだね。
 処分しなくちゃ。DVDは5000個。邪魔だけどこれは引き取り手があるので。。。

 いつもの悪い癖なんだけど、整理整頓しながら気づいたら本を読んでる。DVDとかビデオも見ちゃう。気づいたら朝。ま、この繰り返し。

 向田邦子さん脚本のドラマ「幸福」のDVDが出てきました。これ、傑作っす。大好きなんすよ。
 と思ったら、いまから14年前のホームページ時代に書いてるのね。以下、当時の文章を引用してみますね。



 昭和56年8月22日、飛行機事故で亡くなった脚本家の向田邦子さん。「寺内貫太郎一家」とか「だいこんの花」とかね。NHKだと「あ・うん」がそうか。

 彼女の作品、DVDはすべて持ってます。で、いちばん好きなのはこれ。
 「幸福」。2番目は「冬の運動会」。ヒロインが長谷京じゃなくて、いしだあゆみさんの方ね。

 若いね、いまから25年前の作品だもの。つうことは40年前つうこと。

 どこが好きかと言われてもねえ、なんというか、向田ドラマってのは、日常の小さなできごとの1つ1つをすくい取って描いているでしょ。それとさ、「食いしん坊バンザイ!」の私にとって、食事シーンが頻繁に出るのもいいのね。
 基本的に外国映画(アジアは別)でヒロイン、ヒーローが飯食ってるシーンなんてほとんど出てきません。ハリー・キャラハンがホットドッグとかハンバーガー食べてるとこくらい。

 向田さんはご自身、料理がとてもうまいし、食いしん坊だから、食事シーンにはものすごくこだわってるみたい。脚本には食事シーンに登場する料理のレシピまでつけちゃうんだから。

 よく見てるとわかるけど、食事シーンを撮る時、かなりいい加減な人が多いね。すぐわかるのは、量がものすごく少ないこと。たとえば、「淋しいのはおまえだけじゃない(脚本は市川森一さん)」で、西田敏行さんが大衆演劇の座員たちと車座で朝、飯食ってるの。
 茶碗にはご飯なんて入ってないの。にもかかわらず、かっ込んで食べる演技。気になってしょうがない。「おい、飯入ってないぞ!」って、テレビに突っ込んじゃう。
 
 こんなことがない。向田作品には。



 このドラマでも、竹脇無我さんは入試失敗以来、エリートの兄貴に反発して羽田空港そばのオヤジさん1人でやってる小さな鉄工所の工員役。
 岸本加代子さん演じる妹と2人暮らし。ちょっと頼りなくて、なにを聞かれても、「どっちでもいい」としか答えない。自分の意思がないというか、じれったいのよ。そこに女は惚れちゃうの。

 「私がいないと、この人、大変」ってね(そうか、そういう手があったか・・・)。

 毎朝、ご飯に晩の残りをおかずにして食べる。テーブルじゃないよ。ちゃぶ台。飯の量は半端じゃない。だって、1日大変な労働なんだもの。

 見てると美味そうなんだよ、これが。「そうそう、そのくらい食うよ。朝から絶対。若いんだから。そうそう、上品に食べちゃダメだよ。時間がもったいないから、途中でご飯にぶっかけちゃう。肉じゃが、カレーだって少しくらい塊になってたって、あったかいご飯に乗っけりゃ溶けんだよ。ガァーッとかっこむんだ。新聞、畳に広げてみそ汁飲めよ」
 「おい、熱いよ、これ」なんて突っ込んだりして。完全に感情移入しちゃってるから、主人公と一緒になって飯、食ってる気持ち。実はこれ、密かな楽しみなのね。

 私、ドラマでいちばん好きなの、食べるシーンなのね。

食事シーンは大変だよ。
なにが?
「取り直し!」です。

 俳優は大食いチャンピオンじゃないもの。テイク3までいったら箸は動きません。とちったり、みなから嫌な顔されるから集中してやるわけ。いくらでも平気な顔して食べてたのは、加山雄三さんだけだって。

 天才は森繁久弥、森光子のもりもりコンビ。段取りがめちゃくちゃ良くて、ちょうどセリフをしゃべり終わると、お代わりができるようになってた。食べながらでもセリフをきちんとしゃべる技術。さすがプロ。

 さてさて、いまからちょうど25年前(40年前ね)のテレビドラマなのよ。TBSね。テーマはなにかね。
 お互いに気がかりなくせに、反目し合っている兄弟姉妹が、いろんな体験を通じて理解し合っていくという感じ?
 目の前にはいろんな幸福への選択があると思うんだよね。みな、そのベストの選択をしようと頑張ってるわけ。けど、それが実は「スカ」だったりする。ならば、あのとき、ワーストと思った選択をすれば良かったか? そんな度胸はない。その時その時にベスト・オブ・ベストの選択をしてもこうなるわけ。

 なぜかというと、そこにはいろんな関数が影響するから。人生は見晴らしのいい一本道じゃないからさ。直線だと思って走り出したら、いきなり穴に落ちたりね。

 主人公は竹脇無我。兄貴は山崎努さん。山崎努さんは出世するために上司の娘と結婚。恋人だった岸恵子さんを捨てる。兄の結婚式当日、ふらりと岸恵子さんが遊びに来た時、ひょんなことから2人は結ばれてしまう。以来、何年も会わずに別れる。
 竹脇無我は岸恵子さんの妹の中田喜子さんと結婚を誓う仲になるんだけど、中田喜子さんは女の勘で2人にはなにかあった、と疑心暗鬼。


 さて、どうなることやら。出演はほかに、笠智衆、藤田弓子、津川雅彦、小鹿番、七尾伶子、本間優二の皆さん。

 毎回、ドラマの冒頭に「幸福」という詩というか、小さなメッセージを読み上げます。

 素顔の幸福は
 しみもあれば、
 涙の痕もあります。
 思いがけない片隅に、
 不幸のなかに
 転がっています。
 屑ダイヤより小さい
 それに気がついて
 掌にすくい上げることの
 できる人を、
 幸福というのかも
 知れません。

 音楽はアン・マレー「辛い別れ」。これ、日本人は好きだと思うよ。ジャニス・イアンの「Will you dance?」とどっこい。ちょっと原文と訳(私がやっといた)を紹介しておきましょうか。いい曲なんだ、これ。原理原則研究会ではDVD放映して紹介したでしょ。

 I cried a tear
 You wiped it dry
 I was confused
 You cleared my mind
 私がこぼした涙
 拭いてくれたのはあなた
 なにもわからない私
 気づかせてくれたのもあなた

 I sold my soul
 You bought it back for me
 And held me up
 And gave me dignity
 私が捨てた魂
 あなたは拾って渡してくれた
 そして私を励まし
 大切なことに気づかせてくれた
 
 Somehow you needed me
 あなたが私を必要としたのはなぜ?

 You gave me strength
 To stand alone again
 To face the world
 Out on my own again
 私に強い力をくれた
 一人で立てる力を
 もう一度、1人で
 世の中と対峙するだけの力を

 And I can't believe it's you
 I can't believe it's true
 I needed you
 And you were there
 まさかあなたが
 とても信じられない
 私こそあなたが必要だったの
 だから、手を伸せば届くところにいてくれたのね

 You needed me
 You needed me
 私のことを必要としてくれた
 私を必要としてくれたのね

 とってもいい詩です。「幸福」ってさ、つかんだり勝ち取ったりするもんじゃなくて、平凡な時の流れの中で、時々、発見したり感じたりするもんじゃないのかなあ。せつないけどさ。だから探したくなる。そして、探せばすぐそこに見つかるものなんだ・・・あなたの幸せナビゲーター、中島孝志。

 くっだらねえこと書いてましたなあ。けどね、自己啓発セミナー100回参加するより山本周五郎の本1冊読んだほうがいいし、心がヘトヘトになったらビタミン剤100粒のむより1冊あるいは1本の向田作品だわな。


 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は「私の生命の復活」(上橋 泉著・1,620円・如月出版)です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便


ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会

講演依頼・取材依頼

⇒依頼フォーム

あなたも本が出せる!

最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。

⇒ 少し詳しいサービス内容はこちら。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

トランプだから勝てる投資!
[2018年04月24日]
[中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記]

マルチ人間わぐりたかしさんの最新刊です。
[2018年04月23日]
[中島孝志の通勤快読 年3000冊の毒書王]

ここはどこ? 私はだれ? 明日のスケジュール、どなたか知りませんか? 
[2018年04月22日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
 東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。「キーマンネットワーク定例会」(33年の老舗)のほか、
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

 講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
 著訳書は330冊。ほかに電子書籍100冊。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュースは延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
 日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
 音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」&年3000冊読破の読書王メルマガ「中島孝志の読む!通勤快読 宅配便」が超人気!

<<  2018年4月  

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!