カテゴリー:中島孝志の「日本伝統文化研究会」

2019年09月01日 (日)

おわら風の盆はもうそこまで。。。

♪恋の八尾は おわら 雪の中♪

 越中おわら節にも謡われていますが、気づけば、もう風の盆の季節なんですね。

 3年前だか4年前だか・・・。

♪若い日の、美しい私を
 抱いてほしかった・・・♪



 『風の盆恋歌』は、高橋治さんの小説で一躍、有名になりました。

 学生時代、互いに好意を抱いていた2人の男女。どちらも告げられず、そのまま互いに家庭を持つ。50歳になる前、海外で出会います。それから大人の恋が始まります。



 年に1度の逢瀬はまるで七夕。9月1日から3日間。場所は八尾。富山です。

 男と女の道行。若柳流の舞い、三味線、太鼓、それに胡弓の音色。踊りも唄も音楽も背景もなんとも色っぽく艶っぽい。夏の終わりの富山はもうおわら風の盆。飛騨の山々が描く稜線から富山平野。途中に細く長く広がる坂の町。そこが八尾。二百十日、初秋の風が吹くころに幕開け。
 
 優美な佐渡おけさ、躍動的な阿波踊り。そのどちらにもない優雅さはどこにあるんでしょうか。止まった時の美しさでしょうな、きっと。

 涼しげな揃いの浴衣。編笠から少し覗かせる仕草。伝統と個性を映やした町流し。輪踊り。山々が赤くもえる夕暮れ過ぎ、家並みの淡いぼんぼり。幻想的でもあり優美でもあります。

 今宵逢う人みな美しき。。。



♪うたわれよ わしゃはやす
 唄の町だよ 八尾の町は
 キタサノサー ドッコイサッサ
 唄で糸つぐ オワラ桑もつむ♪

 独特の節回し。かなり高音で回すのね。八尾では11支部が競うか 2万人の町に25万が集まる、「おわら」とは大笑いのこと。豊穣を祝うので「大藁」が語源とも。風水害を鎮める祭礼。二百十日が吹く頃の3日3晩踊り続けます。

 「宿に帰るのは野暮。時計がまわってからが本番ですよ」

 金沢や高山からは午前0時をまわってからやってくるそうです。踊り手たちも観光客ではなく、これからは自分が楽しむために踊るんすよ。

 八尾は門前町として栄えました。本願寺第三世覚如上人が建立。本堂で披露してくれます。間近で見られますよ。

 たしかに八尾は坂が多いすっね。心奪われたのは町並み。格子戸と土塀。いまどき、こういう建築は見ませんものね。

 路地のあちこちから節が聞こえます。その節に誘われて人が集まってきます。

 今年もいくことになりました。

カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2019年08月31日 (土)

中島孝志の投資セミナー(外部企業主催)が開催されます

 忘れないうちに(その1)・・・土曜深夜零時に “どん底銘柄 特急便”定期便!を配信します。タイトルは 『トランプの法則どんぴしゃ。9月4日要注意!9月末好決算予定銘柄チャート解析大研究!』 です。ご確認下さい。

 忘れないうちに(その2)・・・9月は原原講義のオンパです。7日出雲、10日東京(第19期スターティン!)、11日名古屋、12日大阪、13日博多・・・よーやるわい。で、17日は金沢(ニュービジネス協議会)、20日は午後投資会社で、夕刻から青山で講演でおま。ホントによーやるわな。

 忘れないうちに(その3)・・・FX会社の講演が好評だったようでアンコールアンコール講演。本来有料ですが「サンワードのセミナーは初めて」という方は「無料サービス」とのこと。1時間100万円超のコスパだと思う。安すぎです。
サンワード貿易様主催「中島孝志の講演会」のご案内です(詳細・申込はこちらをリクックしてね)。


■テーマ:「"どん底マエストロ"中島孝志の待ち伏せ投資戦略」
◇大激変する米中政治経済を取り巻く投資予測
◇ダウ平均株価・日経平均株価の近接予測
◇好決算企業の見つけ方
◇「待ち伏せ投資戦略」の投資法 
◇ケーススタディ研究(時間の許す限りたくさん!)

■日時:19年9月20日(金)13時開場 13時半開演 16時半終了予定

■場所:東京金融取引所・金融取プラザ
 (東京駅そば・丸の内1丁目8番2号 鉄鋼ビルディング8階)



 サンワード様のご紹介から・・・
 「待ち伏せ投資戦略」とは、いったい何なのか?? 相場格言に「噂(思惑)で買って事実で売る」があります。中島氏の「待ち伏せ投資戦略」はこの格言を具現化したものかもしれません。
 「好決算だ!」という事実をみなが知ると買い一色で高騰します。しかし、その頃には涼しい顔して「売却済み。利確でニコニコ」が「待ち伏せ投資戦略」の狙いです。

 中島氏は次のように語ります。

 大切なことは2つ。
 1つは「好決算になりそうだ」という噂ですでに株価は高騰。すなわち、決算当日が高値になるとは限らない。ならばどうするか? 決算発表までに勝負を決める。そのためにも20日−1か月前に仕込んでおく。
 2つめは安く仕入れたら高く売りたいのが人情。好決算が期待できるならなおさらです。3-10%いや15%はとれると思えば「指値」で売り値を入れておけばいい。1回で15%にならなくてもいい。2−3週間でトータル15%になればいいわけです。好決算銘柄は2週間あれば平気で上げてきます。
 発表まで余裕を持っておきたいのは「高値づかみリスク」をできるだけ避けたいからです。 

 今回は、総混迷の日本と世界経済の読み解き方、そして好決算銘柄をケースに中島流のチャート解析、銘柄の深堀りをわかりやすくお伝えします・・・まあ、そういうことです。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2019年08月30日 (金)

「いま変わらないでいつ変わる!」「気づいた時には手遅れだね」なんちゃって。

 大昔から世界中「辺境の地」ばかり旅してきましたけど、数十年ぶりの同窓会で・・・。

 「オレも一緒に行けばよかったよ」
 「いまならもっと便利だよ」
 「金も時間もあるけど体力に自信がないな」
 「マイペースで旅すればいいんだよ」
 「ほかに迷惑かけそうだし」

 ああ、この人は健康だろうとお金と時間を持て余していようと永遠に旅することはないな、と痛感。行動する人は迷いませんから。永遠に迷う。躊躇する。だから失敗しない。失敗はしないけど後悔ばかり。リスクとチャンスはコインの裏表ですからね。

 ま、他人の人生です。選択するのはご本人。私にはどうでもいいけどさ。

 東京原理原則研究会の新メンバー(第19期)を募集します。出戻りも含めて、新たに10人の新メンバーを迎えます。ご期待ください。毎月講義!受講費据え置き!

 格段にバージョンアップした勉強会で一緒に感動をシェアしませんか? ビジネス、政治、経済、投資、あなたの人生に高濃度で影響を与える「ここだけの話」オンパレードです。
 
 いままでの自分に飽きてませんか? 明日の自分が楽しみ、とワクワクすることがなくなったりしてませんか?
 変わらなくても満足してるなら必要ありません。でも、よりよく変わりたいならどうぞ仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われません。変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。



東京原原第19期スケジュール(火曜開催)
・2019年

■9月10日「一流経営者とアドラー哲学!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■10月 1日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■11月26日「成功の秘密は無意識の力にあった!PART1」
■12月17日「成功の秘密は無意識の力にあった!PART2」

・2020年
■1月14日「激変する日本と世界! 2019年の投資戦略を語る!」
■2月 4日「お金の儲かる独創力について語ろう」
■3月24日「経営と仕事に効く!世界史と日本史について語ろう」
■4月14日「中央銀行の秘密!国際政治経済のカラクリについて語ろう」
■5月12日「AIを超えるインテリジュンス脳の鍛え方について語ろう」
■6月23日「売上10倍増!最先端マーケティングについて語ろう」
■7月 7日「ユダヤとロシアの歴史について語ろう」
■8月 4日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」

※「ま・く・ら」は午後6時30分〜7時。直近の時事問題について勝手に話しますので自由参加です。
※「本講義」は午後7時〜9時です。
※講義修了後、近場で2次会をします。「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」も自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポット・ツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポ・ツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「鵡川・余市・小樽・札幌、寿司とウイスキー三昧ツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等々を開催してきました。これからもいろいろ企画します(ていうか、全国のメンバーが随時企画してるんですけど)。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京)」が頻繁に開催されています。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税(年間)
□申込法:参加ご希望の方は「東京原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:青山SIビル特別会議室


・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)


・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

※年間会員制のためメンバー募集は年1回(今回限り)。途中入会はありません。
※メンバーは全国すべての原原に参加できます。

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

 あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の美食倶楽部

2019年08月29日 (木)

元町商店街の「喜久家」はケーキの殿堂でおま。

 元町商店街をぶらぶら。つうか、山手からここを通って山下公園。赤レンガからみなとみらい。それから山手に戻り、根岸の公園。日本初の競馬場がそのまま公園になってまして、1周ジャスト1.6キロ。私は1時間で6周します。つまり、1周10分てこと。

 ウォーキングのコースなんすよ。

 昔は熱中症になりそうな太陽サンサンの暑い中でもやってましたからね。なにかに憑りつかれていたんでしょうな。

 さて、元町でちょっとブレイクするなら「喫茶 無」でアイスコーヒーか。氷までアイスコーヒーですからね。放っておくと溶けて溢れます。



 「喜久家」の名物は「ラムボール」ですよな。以前、紹介してると思うけどね。1924年創業以来、レシピは変わってないなー。昔は2階で洋食が食べられたんだけどね。2階はもうやってません。


レモンケーキも人気。

 まあ、疲れた時は甘いものがポイントですよね。近くには「霧笛桜」とかもあります。「ゴディバ」もあるけどね。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2019年08月28日 (水)

カジノはヨコハマがドンピシャ。。。

 忘れないうちに(その1)・・・本日深夜に 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。タイトルは 『「逆イールド」なんて怖くない! バブル到来がこれからなのに「リセッション入り」はありえない!』 です。日本のテレビや新聞レベルでは伝えられないことばかりです。
 
 忘れないうちに(その2)・・・『今日の「中島孝志の 聴く!通勤快読」『なぜ韓国人は借りたお金を返さないのか 前編』(シンシアリー著・1,620円・扶桑社)です。「玉ねぎ男」はなぜ平気で職権を乱用するのか、韓国人のパーソナリティが手に取るようにわかりますよ。ぜひ聴くか読むか見るかしてくださいませませ。


 「カジノを含む統合型リゾート(IR)」を巡る動きが活発ですね。

 IR実施法が2018年7月成立。自治体の誘致活動が本格化してますけど、海外IR事業者は日本進出を目指してるようで、苫小牧だなんだと現地調査に余念がありませんが、ここに来て、「ヨコハマ」が立候補。

 反対する勢力も強いようです。教育とか治安、観光に悪影響があるんじゃね、という懸念ですね。あと、ギャンブル依存症対策とかね。



 どうなんかなー。つうのは、パチンコとは客層つうか客筋が違うでしょ。周囲の競馬ファンはハイソが多いんでカジノ客とは親和性があるような気もしますが、たぶん、競馬ファンから言わせれば、カジノなんぞに興味はないよ、といいそうですね。

 競馬はロマンだかんねー。

 で、結論。カジノおおいに結構。ハマに来てちょ。やっぱTOKIOとかハマでしょ。都会のエンタテイメントですよ。

 私、海外とくに辺境に行くことが多いんですけど、やっぱ、一国の首都のホテルとかには一流カジノがありますし、客層はパチンコとはダンチですよ。

 風紀上、教育上、観光でも、カジノはネガティブには思えないの。

 大阪府・市は大阪湾人工島夢洲に誘致するらしいね。ヨコハマは「山下ふ頭」。試算では訪問者数年2千万〜4千万人。東京ディズニーリゾート並み。経済波及効果は年6300億〜1兆円とか。

 ヨコハマが立候補したとたん、外国勢がなだれ込んできたみたいです。わかってるんですよ、プロは。どこの国も表玄関にありますもん。

 まあ、反対派の意見わかりますよ。ホントは参入したいけど都合があって無理だとかね。

 ヨコハマの建設予定地はアクセスもサイコーです。羽田空港から20分あれば着くね。東京五輪に合わせてホテルもできますが、東京湾跨げば混雑もありません。あっという間に。ホント、目と鼻の先。

 それとね、隣接することになる「元町商店街」がいまやシャッターがあちこちに目立つのよ。


  
 中華街だって土日でこそにぎわってますけど、ハマに来る地方ナンバーのお客さんは店で食べてくれない。肉まんとか小籠包の歩き食い。人はたくさん歩いてるけどお金が落ちない。今どきの若者は無駄遣いしません、倹約家ですからね。



 昼でもシャッターが閉まってる店がチラホラ。後継者問題もあるでしょうね。少子高齢で大学生も少なくなってるだろうしね。なによりかつての勢いがないもの。加賀まりこさん主演の『土曜日のユカ』なんて映画は全面的に元町商店街が出てきますから。

 ほかのシャッター商店街に比べればぜんぜん元気ですよ。



 中華街から道路超えたとこですからね、元町は。けど、こちらには歩いてこない。ハマトラで大昔鳴らしたフェリス女学院も音楽学部はあるみたいだけど、田舎に越しちゃったらしぃ。

 起爆剤は「カジノ誘致」なのよ。

 重要なのはもち「自助努力」ですよ。そんなんわかっとりま。





 いつも行列の「本丸亭」で大好きな赤丸塩ラーメンとミニまんま丼。美味いねー。外国人のお客さんもたくさん。ロスとアナハイム、サンディエゴの身内も来日すると3回は食べに来ます。カップ麺まで大量に買っていったもんなー。

 「昔はよかった」では伊勢佐木町の二の舞になりますよ。いまや中国なのか韓国なのか南米なのかわからんエスニックな街になっちゃったけど、100年前は「銀座」と並び称せられた街だったのよ。

♪あなた知ってる みなとヨコハマ♪ってね。

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2019年08月27日 (火)

昨日配信の「経済教室」を公開します。

 忘れないうちに・・・空売り比率49.2%。裁定売り残1兆6000億円は過去最大。買い戻し期待ですな。

 大騒ぎしてまんなあ。そうそう、「GSOMIA破棄」ですよ。
 韓国と戦争すんじゃね? 日本人女性が韓国に遊びに行くと「強姦」されるから気をつけましょ、みたいな風潮になりつつあります。

 北朝鮮より敵国になってんじゃね? 北は仮想敵、南は真実の敵・・・なんてね。

 ちょっと地球を俯瞰して眺めてみませんか? すると、おかしいことに気づきません?

 まず、トランプさんがなーんにも仲介しなかったこと。
 
 日本と韓国てのはそれぞれが直に結びついてるんじゃなくて、アメリカをリンクピンとして結びついてるわけ。そもそも協定を締結したのもアメリカのごり押しでしたからね。北朝鮮ミサイル乱発という表の問題ではなく中国包囲網という裏の問題(ホントの狙い)があったわけでね。

 アメリカの都合最優先でした。

 ところが、GSOMIA破棄のタイミングでTwitterもない。深く考えてた? ありえませんね。瞬間湯沸かし器を気取りながらきちんと想定して発言内容とタイミングを用意する人ですから(知ってた?)。

 次に、文在寅さんに憑依してみましょ。すると何かが見えてくるかもしれません。

 私、よくトランプさんとか文在寅さんに憑依して考えてみてるんですよ。
   
 ま、そういうわけなんで「日曜深夜配信の経済教室メルマガ」に少し付け加えてブログにアップしたい、と思います。で、来月からトライしてください。

 タイトルは「自壊する文在寅政権! GSOMIA破棄の裏で起きている大変なこと!」ですが、「大変なこと」はホントに大変なことなんですけど、日本政府も役所も公表しませんね。

 で、これは近々、お話します。というのも、今日の深夜は「逆イールドなんか怖くない!リセッションはありえない」というテーマで配信するつもりだからです。お伝えしたいことが多すぎるのよ。投資に関するインテリジェンスは「どん底メルマガ」に掲載してますけどね。

 さて、本文は以下の通り。
 
・・・・・・・・・・掲載・・・・・・・・
 おばんでがんす。中島孝志の「経済教室メルマガ」でがんす。

 さて、「GSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄」の問題で連日、ワイドショーが取り上げてますね。よっぽどネタがないんでしょうな。

 日本政府は「ノーリアクション」が正解。明日28日に自民党が外交部会と国防会議を合同で開催するみたいですけど、「非難決議」とかしないことです。



この協定は1年更新。マンションと同じで、更新前に破棄を通告するだけで契約解除になる、というもの。韓国が破棄を通告(8/22)してるんですから、「遺憾です」とか「それはダメだ」といえる代物ではないのよ。

 「あっそう」「毎度おおきに」で終わり。 

 そもそもの経緯はご存じのように、アメリカが李明博さんと朴槿恵さんにごり押しして成立した協定ですからね。ホントは12年6月に締結されるはずでしたけど、李さんが1時間前にドタキャン。で、朴さん時代の16年11月に締結したわけ。

 サヨクの文さんがすんなり更新するはずないじゃん。日韓対立を破棄チャンス、とタイミングを図ってたはず。ですから、ホントはかなり前から決めてたと思うよ。


明々白々の憲法違反なんだけどね。ポンペイオとボルトンは非難したけどトランプはスルーだったな。どうして?

 トランプは怒り心頭? 実は怒ってるフリしてるだけ。だって影響ないんだもん。というより、破棄が正解。なぜか?

1韓国の情報は米軍からいくらでも入ります。
2日本への情報提供は「ガセネタ」をわざと混入させてかく乱させるなど、とてもアメリカを介した同盟国とは思えないことばかりでした。
3なにより、日本から提供する「機密情報」が北と中国にダダ洩れ。

 文さんが破棄してくれて、日本政府はホッとしてるはずです。じゃんじゃん。



 文さんはこれから大変ですよ。日本政府による韓国ホワイト国除外に対して、文さんは日本をホワイト国から除外。喧嘩ならこれでおあいこ。ところが、文さんは過剰反応。さらにエスカレートさせました。

 それが今回の「GSOMIA破棄」ですよね。

 日本政府が絶対に外してはいけないポイントがあります。それは諸外国がどう思うか、どう判断するか、どう映るか、を常に意識しておくこと。

 「たしかに日本が正しいみたいだね。韓国がやってることは嫌がらせ以外の何ものでもないね」

 諸外国にこう思わせないとダメ。そのためには、日本は極めて冷静であること。淡々と言うべきことを言い、やるべきことをやる。ただし、諸外国が、なるほど、そうなんだ、と納得してもらえるようにすること。

 極端なことを言うと、韓国が納得するかどうかなんてどうでもええねん。諸外国が納得するよう、徹底的に懇切丁寧に説明して回ること。

 早い話が「味方づくり」なんですよ。

 日本人て「竹を割ったようなパーソナリティ」ですから面倒くさいこと、ややこしいこと、何度も蒸し返されることが大嫌い、なのよ。ヤッコさんはそこが狙い目。プレイヤーを換えては何度も何度もしつこく議論を蒸し返してきます。「もう疲れた」と日本が投げることを待ってるわけ。だから、バカでもタフな奴に交渉させないといけないわけ。

 「正義は必ず勝つ」「天は正義に味方する」なんて都合のいいこと考えるのも日本人の特徴です。あのね、昔、中国の偉いさんからこんなこと教わったことがあります。

 「天の龍は地の蛇に勝てない」

 痺れましたね。そうそう、正義だとか正論だから勝てるわけじゃないの。周囲のギャラリーを味方につけないとあかんねん。ユダヤ人は得意ですよー。レフェリーを味方にするのがね。途中でルールも変えちゃいますから。

 独りよがりでは負けます。味方を作る。たくさん作る。そのための「工作」を怠りなく。

 戦前の日本が国際連盟から脱退せざるをえなかったのもそう。本来は脱退なんてしなくてもよかった。というか、しちゃいけなかった。当事者の松岡洋右も後悔してたもんね。
 「理由」「根拠」は日本のほうが正論。リットン調査団の報告書なんてインチキでしたから。けど、大切なことは「味方づくり」だったのよ。正義だとか正論とか関係ないの。邪魔なんだよね、実は。

いまの外務省にどれだけできるか不安です。いまだに「鹿鳴館外交」しかできない様子だもん。優秀な人材もいますよ。私の知人友人にもたくさんいます。

 幸いなことに、世界最強のアメリカが日本政府の「味方」と明白に示しています。「韓国」ではなく「文在寅政権は嘘つきだ」と公式に表明しています。

 「文在寅政権に強い懸念と失望を表明する」
 「青瓦台がGSOMIA破棄について、米国が理解を示したと説明しているが、『lie』だ。明確に言って事実ではない。駐米韓国大使館と韓国外交部に抗議した」

 国務省、国防総省はGSOMIA継続を韓国に説得してましたし、日韓対立にも中立でした。どちらもアメリカの同盟国ですからね。しかし、いま、トランプだけでなく国務省と国防省も豹変。

 トランプはまだささやいていませんが、「そうか、文在寅大統領殿は私より金正恩の言うことを聞くんだな」と近々Twitterするのでは?

 しないかなー。しないよなー。GSOMIA破棄はトランプの戦略でもありますからね。こんなこと言うとこんがらがります? でもそうだもの。

 すべて文さんのおかげ。日本政府は黙して語らず。文さんのいうことなすことを傍観していればいいんです。「信用状保証取りやめ」なんてしなくていいの。

 必ず動きがあります。けど、いま、もっと重要なことが起きてるんですけどね。メディアは節穴ですから気づいてませんな。これについては近々お知らせします。

 今回はこのへんでよかろうかい。

・・・・・・以上・・・・・・

 時々、「?」と感じる処もあったと思います。まあ、「経済教室」を読んでればわかってきますよ。世界の動き、トランプの戦略、ホントは日本を、東アジアを、半島、大陸、そして列島を地政学的にどうしようと考えているのか・・・日本政府は拒否するのか受容するのか、もね。

 世界の動きは複雑怪奇なんすよ。いまや平沼騏一郎の時代どころではありませんよ。あの時は「独ソ不可侵条約」がいきなり結ばれたりしてね。けど、複雑でも怪奇でもありませんでした。当然のことでしたよ。

 わかる人にはわかる。わからない人には永遠にわからない。わからなくてもかまわないけど、興味と関心、好奇心を喪っては終わりだわな。つまらんつまらんつまらん。

カテゴリー:中島孝志の美食倶楽部

2019年08月26日 (月)

アウディジャパンのハンバーガーランチ

 アウディからランチのお誘い。へえ、そんなのあるんだ。
 みなとみらいでセミナーするんで、時間合わせて見参。





 ハンバーガー1枚150グラム。良かった、2枚にしようと思ってたのよね。見ての通りボリューミーで1枚でおなか一杯。横浜地ビールも入らない。

 アウディのショールームですけど、喫茶やバーになってるのよ。ショールームでもコーヒーとかジュース、アウディネーム入りのミネラルウォーターとかもらえるんだけどね。

 へえ、何回も来てますけど、知りませんでした。ランチ時はお客さんたくさんいましたよ。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2019年08月25日 (日)

9/10の東京原原の二次会は凄いですよ!

 最初から言っておきます。全員は入れません。26人で満杯。けど、全員、集まらないからねー。東京はメンバー多すぎて。。。

 新入生最優先です。今月末でメーリングリストを更新しますから、9月1日に幹事のミスター・マサ(ハワイと西海岸のハーフ)からご案内メールが届く、と思います。

 講義会場の目の前。なかなか予約が取れない名店を予約しちゃいました。

 時間空けといてね。それと「お金」「ゼニ」「マネー」っす。安くありませんからね。なんたって「寿司屋」なんすから。しかも半端ない店。







 のどぐろ死ぬほど食べられます。白エビ、カニ、ウニ、いまぎりのシンコ、つぶ、もち大間のマグロ・・・てなわけで、1万円-1.5万円を覚悟してください。7月に二次会がなかった時に、残ったメンバーで行ったときには15000円でしたからね。まあ、あの時は飲み過ぎました。

 名幹事ミスター・マサがトータル1万円で済むよう交渉してくれますので期待しまひょ。







 博多や新潟に負けません。原原で1回だけやってみたかったんすよ。安い店10回よりここ1回のほうがいいよ。







 まだまだあんの。凄いっしょ。次回からいつもの3000-5000円レベルに戻す予定・・・戻れるかどうかは未定。

 私? 戻れんやろなー。

カテゴリー:中島孝志の原理原則研究会

2019年08月24日 (土)

9/10開講! 第19期東京原原は毎月講義します。

 東京原理原則研究会の新メンバー(第19期)を募集します。新たに10人の新メンバーを迎えます。ご期待ください。毎月講義!受講費据え置き!

 格段にバージョンアップした勉強会で一緒に感動をシェアしませんか? ビジネス、政治、経済、投資、あなたの人生に高濃度で影響を与える「ここだけの話」オンパレードです。
 
 いままでの自分に飽きてませんか? 明日の自分が楽しみ、とワクワクすることがなくなったりしてませんか?
 変わらなくても満足してるなら必要ありません。でも、よりよく変わりたいならどうぞ仲間に入ってください。いままでと同じことしてたら変われません。変われたらおかしいでしょ。
 「ぜんぜん変わらないけど」という方にはご返金申し上げますのでご安心ください。



東京原原第19期スケジュール(火曜開催)
・2019年

■9月10日「一流経営者とアドラー哲学!強運を呼び込む原理原則について語ろう」
■10月 1日「論理療法フル活用!人を動かす原理原則について語ろう」
■11月26日「成功の秘密は無意識の力にあった!PART1」
■12月17日「成功の秘密は無意識の力にあった!PART2」

・2020年
■1月14日「激変する日本と世界! 2019年の投資戦略を語る!」
■2月 4日「お金の儲かる独創力について語ろう」
■3月24日「経営と仕事に効く!世界史と日本史について語ろう」
■4月14日「中央銀行の秘密!国際政治経済のカラクリについて語ろう」
■5月12日「AIを超えるインテリジュンス脳の鍛え方について語ろう」
■6月23日「売上10倍増!最先端マーケティングについて語ろう」
■7月 7日「ユダヤとロシアの歴史について語ろう」
■8月 4日「松下幸之助さんの経営道について語ろう」

※「ま・く・ら」は午後6時30分〜7時。直近の時事問題について勝手に話しますので自由参加です。
※「本講義」は午後7時〜9時です。
※講義修了後、近場で2次会をします。「なんでも質問会」です。メンバー同士仲良くなれますのでご参加下さい(割り勘)。
※「日本伝統文化研究会」も自由参加です。「新潟古町鍋茶屋で芸妓&佐渡で美酒美食美景を満喫するツアー」「青森ねぶた恐山いたこツアー」「出雲神在月パワースポット・ツアー」「人吉の温泉と蛍、球磨焼酎と鮎&山女魚ツアー」「うどん県食い倒れと阿波踊りツアー」「飛騨高山鳩谷さんツアー」「みちのく秋の奥入瀬ツアー」「雪の金沢パワスポ・ツアー」「古都鎌倉の紫陽花を愛でるツアー」「鵡川・余市・小樽・札幌、寿司とウイスキー三昧ツアー」「バンコク中島孝志講演ツアー」等々を開催してきました。これからもいろいろ企画します(ていうか、全国のメンバーが随時企画してるんですけど)。
※「シャンソン部会(東京)」「ゴルフ部会(東京)」が頻繁に開催されています。

□募集人員:若干名
□受講料:12万円+消費税(年間)
□申込法:参加ご希望の方は「東京原原参加希望」と記してお名前&お仕事等をご記入の上、次のメアドにご返信くださいませ。
nakajima@keymannet.co.jp
□会場:青山SIビル特別会議室


・在校生の声をお届けします。
 毎年同じテーマです(内容はちがいます)が、自分の感じ方、受け止め方が変わり、思いがけない気づきがたくさんあります。らせん状に成長していくのがわかります。原原の魅力はたくさんあります。

1.打てば響く、打たなければ響かない!
 なんと言っても、個人的には本の出版!という奇跡が訪れたことがトピックスです。「原原にいると本が出せます!」と言いたくなる。でも、それは違います。原理原則の魅力、先生の魅力は融通無碍です。
 大きく打つ、つまり、大きく魅力的なもの(先生が面白いと思ったこと)を発信すれば、それが原理原則=先生に響き、大音響となる。その基準が先生が面白いと感じるかどうかというところが実にいい。どんなに素晴らしいことでも先生が興味なければ、何も響いていかない。先生の独断と偏見のお遊び勉強会というのが魅力。
 そういうグループですから自分勝手でいられます。響くかどうかなんて考えてたら身が持たないので、次第にこちらも独断と偏見で自由に遊んでいます。
 自由に発信できる。先生のお遊びにお付き合いしてる場が不思議な自己実現の場となっています。 どう考えても不思議ですなあ。

2.四方同列
 組織みたいなものができますどうしてもヒエラルキーができますよね。ピラミッド型組織にしないとグループとしても動き出さないからでしょう。ところが原原にはそれがありません。どうも先生は原原を大きくしようとか儲けようという意思がないのです。だからグループ化はしません。つまり牢名主はいないのです。新顔でもでしゃばれるのです。このあたりが居心地の良さかな?

3.メンバーが面白い
 通常の勉強会では、それぞれ似た目的で参加しますので似たメンバーが集まりがちです。経営者の会、アロマの会なんてね。原原はバラバラ。モザイクです。ところが不思議な統一感があります。それは中島孝志ファンクラブとも違うのです。ある種、波動というかテイストの近いメンバーが集まっているようです。そこに不思議な安心感があると思います。

4.中島孝志が面白い!
 いつも何かを見つけて遊んでますよ、この人は。一人遊びの天才。「スピ研」「読書会」「ぴよこちゃん倶楽部」「日本伝統文化研究会」・・・とかね。で、一人遊びにみなを巻き込んじゃう。
 今度は何を見つけてくるか? 中島孝志を見てるのがいちばん面白いんじゃないかなあ。

5.分科会を仕掛けよう!
 個人的には、シャンソン部会をさらに充実させるとともに、素敵な女性メンバー(たくさんいますけど)をもっともっと増やして「フォークダンス倶楽部」を新たに発足したいと考えています。
 いろいろ注文も言ってますが、こんな素晴らしい会を用意して頂き、中島先生に心より感謝です。ぺこり。(会社経営・作家)


・参加者の声(お世辞がかなり入ってます)
「経営はもちろん、政治経済から投資、哲学、宗教、トンデモ話まで、これほど深くおもしろく勉強できる会はほかにありませんよ」(東京・経営者)
「中島さんは小三治師匠です。まくらだけでも価値があります」(東京・経営者)
「NHKで話題の『白熱教室』。原原はあれ以上です」(博多・経営者)
「いろんな業界の参加者からアイデアやヒントをたくさん頂いています。おかげで物事を多角的な視点から眺めることができ、理解が深くなりました」(大阪・経営者)
「原原のスゴさは海外の学者たちの白熱教室を超えています! 幸福の布石です」(大阪・経営者)
「毎年バージョンアップしています。進化してます。新鮮で感動的。人間革命を起こしますよ」(東京・経営者)
「むずかしいことをわかりやすく、深く、さらに面白く教えてくれます」(東京・病院長)
「教えていただいたことを参考にして2回も大きく変わることができました。お会いしたいゲストのお話を短期間で実現していただき感謝です」(大阪・経営者)
「期待以上! 2次会も講義の場で楽しい!」(博多・経営者)
「仕事と人生のマストも押さえてるし、豊富な蘊蓄と最新情報をいつも披露してくれるので目から鱗が落ちっぱなしです」(東京・ベンチャー起業家)
「メンバーも中島さんにどこか似てる。笑えるし、明るい。和気藹々」(東京・OL)
「情報アンテナの鋭いメンバーが多い」(大阪・経営者)
「この1年間、質高くかつ膨大な情報の講義に圧倒されました」(博多・医師)
「前振りの経済解説がタイムリーかつ『ココシカ情報』で仕事にも投資にも役立ってます」(経営者・東京)
「3年間迷いました。いま留年5回目です。もっと早く参加すれば良かったと思います」(東京・ビジネスマン)
「毎回ワクワクしてます。1カ月が待ち遠しいです」(新潟・新聞記者)

※年間会員制のためメンバー募集は年1回(今回限り)。途中入会はありません。
※メンバーは全国すべての原原に参加できます。

 「ブログと通勤快読だけでは我慢できずに申し込みました」という方がたくさんいます。嬉しいです。

♪遊びをせんとや生れけむ 戯れせんとや生れけむ 遊ぶ子供の声きけば 我が身さえこそゆるがるれ♪ ぜひ一緒に遊びましょう!

 あなたに逢えて良かった。あなたには希望の匂いがする・・・「人との出逢い」こそ一生の財産です!

カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2019年08月23日 (金)

とことんおバカな文在寅の使い道。

 一言で言えば「自爆テロ」ですな。ただこの自爆は国民を巻き込んだものです。しかし、とうの国民がそこに気づいていない。悲劇を通り越した喜劇です。

 人材のいない政権というのは、ここまで落ち目になるんですな。まさに「悪夢の民主党政権」を彷彿とさせます。そうそう、旧民主党の連中が統一会派をつくるらしいけど、「共に民主党」でいいんじゃね? どやろ?

 かわいそうなのは「インチキ情報」に踊らされてババを引くしかない韓国国民でしょうか。自業自得とはいえ、民族の宿命なんでしょうな。



 事実を見ようとしない。影絵を信じて生きる。思い込みが激しい。約束を守らない。だから世界から相手にされない。


北朝鮮と組んで日本を1年で抜くそうです。お手並み拝見。

 文在寅という人物は「反日」「韓国共産化」「南北統一」しか見えてません。バックミラーを見て運転してますから怖いですよ。「前を向いて運転しろ」とまともな国民が叫んでも聞いちゃいません。

 まるでカンチョクト。同じ血なんでしょうな。よく似てます。



 しかし、「GSOMIA=日韓軍事情報包括保護協定」は日本ではなくアメリカが対中国包囲網を作るために日韓に強いたものですからね。

 わが国はなけりゃないで困りません。困るのは韓国でしょ。北朝鮮がバンバン撃ってくるミサイルがどこから来たのか、飛距離はどのくらいか、どこに落ちたのか、さっぱりわからなくなります。

 文さん、国会で追及されたらどうすんだろ? 日本が教えてくれないからわかんなーい、とでも答えるのかいな。

 いったん破棄したら再度結ぶのは至難の業ですよ、これは。

 なんの考えもなくあっさり破棄。八つ当たりでしょうな。アメリカは日本の肩ばかりもって韓国をひいきにしてくれなかったからってね。







 北朝鮮と中国は大喜び。ということは、トランプはカンカン。潰しにかかりますよ。安全保障に関わることはアメリカは許しませんから。

 で、今度は中国相手に尻尾を振るんでしょうけど、自分のことで精いっぱいでしょ。中国は朝鮮の宗主国ですけど、韓国勢ダントツの有機EL分野でも、アップルが中国製を指名したんで韓国メーカーは真っ青。

 サムスンを筆頭に韓国を棄てます。こんな男に付き合ってた会社はつぶれますから。株価も為替も破綻に向けて一直線じゃないですか。

 そうか、文さんは韓国を北朝鮮レベルにしたいのか・・・。

 8月12日、韓国関税庁公表の8月上旬(1−10日間)貿易統計が傑作。輸出は前年同期比22.1%減。中国向け28.3%減、米国向け19.5%減、日本向け32.2%減。半導体が34.2%減だったからですね。
 輸入も13.2%減。結果、7月24億4000万ドル黒字から26億4900万ドルの赤字転落。これからずっと赤字が続きます。すでに韓国経済は破綻完了。外資はすでに韓国から逃げてますからね。日本企業も逃げ出しました。

 ついてない国はとことんついてないですね。文在寅のご機嫌を取ろうと韓国国民年金公団キム・ソンジュ理事長という経済音痴がこの12日に「日本戦犯企業への年金投資を止める!」と発言。
 そんなことして、世界最大の年金基金「GPIF」が韓国市場から7兆ウォン引き上げたらどうすんの? どうせ韓国の債権と株式はすでに暴落。崖っぷちです。

 よーく考えたら、青瓦台を忖度してだれか得した人いるんかいな。

 不買運動したら店の売上は減るし、日本旅行を中止しよう、というキャンペーンでは韓国の航空会社と旅行代理店が大幅赤字で破綻ラッシュなのよね。

 自分で自分のクビ〆てるのよ。やればやるだけ自分が困る。でも止めない。頭に血が上ってるんでしょうな。まともな国なら愛国者が出てきます。「亡国の輩」を取り除こうとしますけどね。


半島が常にふらふらするからわが国の安全保障が危機に陥るわけ。外交断絶、大使館閉鎖そして半島から日本人を全員退去させても、38度線が対馬にまで下がるだけのこと。

 曲がりなりにも韓国を味方につけておくべし。昔は併合して大失敗。教えず、助けず、関わらずでいきましょう。

 けどね、文さんのおかげで、わが国の「憲法改正ムード」はようやく高まりますよ。これから一触即発のアクシデント・トラブルが発生します。平和ボケした国民もようやく気づきます。韓国人以上にヒートアップします。



 日本人を本気にさせたら怖いですよ。世界中を敵に回して戦い抜いた国民ですからね。



 今回は北朝鮮よりも韓国が「敵国」になります。文さんとしてはサヨク勢力に媚を売って来年の選挙を有利に進めたいんでしょうけど、残念ながらそこまでもたない、と思うな。

 韓国人に根性があるなら暗殺かクーデター。たぶん無理でしょうから、アメリカが排除にかかります。

 わが国は半島のおかげで憲法改正できます。「そういう約束」になってるんじゃないかな。

 今回も「経済教室メルマガ」に書くべきコンテンツでしたが、先に知らせたいお話がありましたので、ブログに書いてしまいました。申し訳ございません。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

中華そば青葉 中野本店「特製ラーメン大盛」うまし!
[2019年09月21日]
[中島孝志のB級グルメ探検隊]

「ぴよこちゃん倶楽部」「中島孝志の銘柄研究会」は来る週28日土曜開催です。ゲストは「相場の福の神」こと藤本誠之さんです。
[2019年09月20日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]

石川ニュービジネス協議会講演会(金沢)のあとは「こいで」で一杯!
[2019年09月19日]
[中島孝志の美食倶楽部]


プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!