カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2018年12月26日 (水)

日米暴落相場はこうなる!

 ダウに続いて日経平均株価もドッカーンと下落しましたね。



 株価を決定する要因は、1にファンダメンタルズ、2にダウ平均株価、3に上海総合指数、4にドル円相場(為替)と言われますが、現在の株価は、5に「地政学=イベントリスク」に大きく左右されています。







 ところで、どうしてこんなに暴落してるんでしょ? 基本的な質問です。

■ダウに引っ張られてますから。 





 たしかにそうですね。株価決定要因にもありますよね。
 けど、どうしてダウは暴落してるんでしょうか?

 昨日もいろいろ書いてますけどね。「トランプ大統領の政権運営の不透明さ」なーんてコメント出してるとこはダメ。アメリカの大手メディアの指示通りの発表ですから。

■FRBの利上げ。
 しかもパウエル議長は「利上げ停止サイン」を出さなかった。なるほど19年も「2回」とか発言してますからね。できませんよ、きっと。

 日本の消費増税もできないでしょ。つうか、最初からやる気ありません。ぼんくら野党を騙して衆院解散で同時選挙。7月21日(日)投票ですよ。ま、そんなことはいいとして。

■米中貿易摩擦。これはあちこちで聞きますね。
■米国政府一部閉鎖。
■マティス国防長官の解任(事実)。
■パウエル議長の解任(噂)。
■原油価格暴落。
■Brexit問題。
■米国還流マネー減少。自社株買いの資金がない、ということですね。昨日指摘してますよね。

 こんなところでしょうか。

 さて、米国企業の景気は悪いんでしょうか? 絶好調なのでは? だから、失業率が激減してるわけでしょ。インフレにもなりそうにない。なのに、FRBは利上げしたんですよね。

 ホントは景気が良くない? あまり聞きませんね。それより利上げしたほうが景気の腰を折りますよ。ネット販売は絶好調ですけど、シアーズとかJCペニーとか見ますとリアル店舗は厳しいようですね。

 リアルが悪いとその周辺の不動産価格も上昇しません。まして閉鎖したら激減します。 

 考えなくちゃいけないのは、どうしていま? なぜ、このタイミングなの? これが恐慌の入口だとしたら、「ブラック・クリスマス」と言われそうですよね。

 私はそうはならない、と考えています。

 さて、どうしていまなの? このタイミングなの? それは、いまだからですよ。クリスマスだからです。
 市場はイブは半ドン、クリスマスは休日。つまり、1年で売買高がいちばん激減する瞬間ですから、この時に爆買いすれば株価は高騰しますし、爆売りすれば暴落します。

 どっかのヘッジファンド連中が一斉に売りに走ったんでしょ。

 最小限のマネーで最大限の暴落あるいは暴騰を演出するにはこのタイミングがベストですよね。パウエルさんは解任されてもおかしくないほど「市場無視」です。PCしか見てません。
 シリア撤退、アフガン撤退、在韓米軍・在日米軍の撤退はトランプの公約ですから必ずやります。「中国製造2025」も潰します。
 3年目に入ったトランプにこれらをやられたら困る勢力は少なくありません。中国潰しのためにあえて「イラン追及」を事実上棚上げしてるんですから。

 トランプを潰したい勢力があります。先の中間選挙でも投票日数日前に株価暴落を仕掛けた勢力です。けど最終日に近づくと株価は戻しました。トランプのスポンサー筋のほうが資金量が圧倒しているからでしょうね。

 銘柄研でお話している通り、株価は買い勢力と売り勢力の拮抗点です。買いと売りが相撲してるわけね。株価は買いと売りの拮抗点(=バランス地点)で落ち着きます。

 結局、なにが言いたいか? 「原因はありません」と書いた通りです。狙いというか目的があるだけでしょう。ひと言で言えば、「トランプ降ろし」ですよ。
 ロシアゲート事件というえん罪同様、株価でもトランプ降ろしを仕掛けられた、ということです。

 逆に言うと、株価暴落しか手がない。アンチトランプ勢力は追い込まれてるんだ、と私は思います。

 「利上げ(短期金利)」と言っても上がるのは短期金利だけで、長期金利は下落しています。おかげで「逆イールドカーブ」で景気反転サインだと大騒ぎしてます。株価暴落で長期金利はさらに下がりました。米国債と日本国債は売れに売れて価格は高くなり、金利は下がり、日本国債は元の木阿弥。0%です。

 アメリカはますます逆イールドカーブです。

 明らかに「利上げ」に問題があります。君子豹変す。利上げやーめた、19年は基本しませんから、とパウエルさんは緊急記者会見を開けばいいんですよ。でないと、なんだかんだでクビです。トランプに解任権はありませんけどね。

 パウエルさん、11月の会見とトーンが激変してました。反トランプ勢力からなにか吹き込まれたか、脅かされたかも、と勘ぐってしまいます。



 騰落サインはますますシビアになってきました。このまま反転しないとは考えられませんけど、ソフトバンク株が売り出し価格を下回るなど、個人投資家の財布はいつも以上にきつくきつくしめられているようです。
 けど早ければ今日、遅くとも1月半ばには反転するのではないか、と私は考えています。



 ちょうどその頃、東京と大阪で講演会があるらしいです。主催は有料連載サイト「夢と希望とサムマネー」です。今年1月に好評だったんでまたやるらしいね。スケジュールは知りませんけど。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

メディアではけっして報道されない裏の裏を読み解く「最上のインテリジェンス」です。
[2019年10月18日]
[中島孝志の経済教室]

ただいまバカ売れ!話題沸騰!営業マン教育の決定版! 今日からあなたも一流講師! 社内講師の虎の巻です!
[2019年10月17日]
[価値ある情報]

見放題、聴き放題、勉強のし放題!伝説の原原講義をネット配信開始しました!
[2019年10月16日]
[中島孝志の原理原則研究会]




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!