カテゴリー:中島孝志の不良映画日記

2019年02月04日 (月)

「メリー・ポビンズ・リターンズ」

 いい映画が軒並み封切りですな。
 「ビクトリア女王」は必見です。「七人の会議」もおもしろそう。

 でもでも、やっぱ「メリー・ポビンズ・リターンズ」は見なくちゃね。



 けど、その前に・・・これ見てちょ。大好きな大好きなエマ・トンプソンつう英国女優が主役だから、というわけではないんですけど。



 元々の「メリー・ボビンズ」は1964年の作品です。主役はジュリー・アンドリュースですよね。ディズニー映画でアカデミー主演女優賞にノミネート(後に受賞)されたのはいまだに彼女だけ。

 さて、ジュリーが頭角を現したのはブロードウェイ公演ですわな。ご存じ「マイ・フェア・レディ(1956年)」。



 以前、書いたと思うけど、映画版「マイ・フェア・レディ」で主演をつとめたのはオードリー・ヘップバーン。歌唱シーンは吹き替え。歌、そんなに巧くないもん。

 この年のアカデミー賞なんすよ、ジュリーが獲得したのは。つまり、オードリー・ヘップバーンは取れなかったの。ま、下世話な言葉で言えば「リベンジ」てやつ? たぶん判官贔屓もあるとは思うけど、ミュージカル映画で吹き替えじゃ取れんわな。

 さて、「メリー・ポビンズ」ね。「リターンズ」をご覧になる前にぜひ「ウォルト・ディズニーの約束」(2013年)を観て欲しいのよ。



 だから、エマ・トンプソンつう英国女優のファンだから言うわけじゃありません。

 「メリー・ポピンズ」を映画化するのにウォルト・ディズニーがどれだけ苦労したか。20年待たされただけじゃなくて、制作スタッフもイライラの連日。

 なんたって、原作者のパメラ・トラヴァースは想像を絶するモンスター偏屈女だから。

 「アニメはご法度。ミュージカルもダメ。脚本は原作者の承認を得ること」

 ディズニーには異例の条件。けど、「メリー・ポピンズを映画化する」と娘と約束しちゃったディズニーは、泣く泣く承諾すんの。

 いちいちダメ出しする。皮肉しかいわない。人の親切をそもそも感じない。

 どうしてそんなに偏屈になったのか、彼女の幼少時代からブレイバックして描かれるんですけど、これがなんともいえないほどええんだわ。

 「ヘレン・ゴフ」が本名なのに「トラヴァース」を名乗ってる。

 どうして?

 ファーストネームで呼びかけると、「トラヴァース夫人、と呼んで」と執拗になおさせます。
 
 どうして?
 
 人はどこかに傷を負ったトラウマがいまの自分を少なからずコントロールしてる部分が必ずあります。どこかにね。
 私がカレーの福神漬け以外、漬け物がダメなのに、欧米と朝鮮の漬け物は大好きなのも、きっといつかのトラウマだと思うのよね。

 「私を一人にしないで」
 「約束する」

 けど、大好きな父親は死んでしまいます。酒に殺された。似合わない銀行支店長の重責とストレスでね。

 「そろそろお許しになられては?」
 「父は欠点なんてありませんでした」
 「いいえ、あなたですよ。ヘレン」

 父を助けられなかった、という罪の意識。もしかしたら、母親に隠れてアルコール瓶を渡していたから、大好きな父親が死んだ?

 「メリー・ポビンズは幻の世界です」
 「いいえ、私の娘にとっては現実です」

 人生は夢と幻。通貨も幻。「信用」が支えてるだけ。けど、目に見えたりさわれたり、存在するモノだけが「現実」で、目に見えない世界のモノは「夢幻」と考えるのは少々浅はかかもしれませんね。

 「生まれ生まれ生まれ生まれて・・・死に死に死に死んで・・・」と空海さんもおっしゃってますしね。「夢幻」というのはイマジネーションなんすよね。「ある」と思えば「そこに現れるし」。「ない」と思えば「消えてしまう」んすよ。それほどイマジネーションは絶対なんです。

 「念ずれば花開く」とどこかの偉い先生もおっしゃってましたよね。

 「メリー・ポビンズ」は彼女の経験つうか人生の反映なんすよ。

 「リターンズ」は「メリー・ポビンズ」の20年後のお話つうことでね。お時間があればどうぞ。。。

 蛇足ですけど、「ウォルト・ディズニーの約束」のラストシーン、なかなかですよ。こういうのがアメリカ映画(英国と豪州もジョイント製作だけど)のいいとこ。 

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

背中の人
[2019年02月21日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

大阪原原の新メンバーを熱烈募集します!
[2019年02月20日]
[中島孝志の原理原則研究会]

小田急相模原はA級B級グルメの宝庫だった「萬金餃子」「丸十パン」「手打ち蕎麦」
[2019年02月19日]
[中島孝志の美食倶楽部]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間で5日でハイリターンを狙う!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!