カテゴリー:中島孝志のとってもいい加減な市場観測日記

2019年03月14日 (木)

「メルマガ中島孝志の経済教室」転載します。3/11配信「米中合意ってホントにあるの?(第1回)」

 さて、NYCの友人から電話。日本時間3時50分。私が朝4時起き生活だってご存じなんで、ギリで電話したんだろうね。もち、とっくに起きてましたよ。
 「米中交渉急がないってトランプが発言したよ。君が言う通り、米朝交渉と同じ展開になりそうだね」

 てことで、3/11に会員さんに配信した「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』メルマガ を転載させて頂きます。テーマは 「米中合意ってホントにあるの?(第1回)」 です。

以下転載・・・。

 おばんです。中島孝志の「経済教室」です。

 ダウは5日連続、日経平均株価は4日連続の下落。上海株価指数もここに来て息切れです。

 中国は全人代が始まり、ゾンビ企業にも強烈なモルヒネ(シャドウバンキング融資を緩めた手形のジャンプ)をうちまくってむちゃぶりで株価を上げています。去年もモルヒネが切れるたびにうち続けてきましたけど、もうなりふりかまわないという様子ですね。



 全人代では核心の「中国製造2025」はタブー。そのかわり習近平の批判はウエルカム。 Huaweiはアメリカの的にかけられ・・・これだけ見れば中国はいよいよ経済破綻か、と考えてしまいますが、結論から言えば、中国よりもアメリカのほうが事態は厳しいのではないでしょうか。





 「利上げは停止してますよね?」
 「はい」
 「資産縮小も年内に止めるとか」
 「はい」
 「円高ドル安ですよね」
 「円安ドル高ですよ」

 FRBが決められるのは短期金利です。長期金利はマーケットが決めます。その長期金利が上昇しそうですね。

 なぜ?

 「いま、米中貿易戦争の真っ最中ですよね。3月中に米中首脳会談があるとかないとか」
 「3/27?」
 「そのあたりといわれてますね。私は延期すると思ってますけど」
 「どうしてですか?」  
 「まとまらないからですよ。米朝首脳会談も合意と思いこんでた金正恩は梯子を外され、高熱でベトナム視察をドタキャンしたじゃないですか?」
 「・・・」
 「私、米中合意はないのでは、と考えています」
 「え、この前まであるあるある」と言ってたでしょ?
 「はい、米朝首脳会談とセット・・・と話したでしょ?」
 「・・・」
 「米朝首脳会談の合意がないんですから米中合意もないんですよ」

 「それと金利上昇がどう関係するんですか?」
 「アメリカは中国からの輸入品にすでに10%の関税をかけてます。25%になってないだけのことです。この関税はだれが払ってるんですか?」
 「アメリカの企業とか市民?」
 「そうです。1割増で高く買ってるんです。早い話が10%のインフレ。なのにFRBは利上げできない」
 「・・・」



 「それだけじゃありません。ここに来て、アメリカの金融機関が投融資を絞り込んでるんです。リーマンショックみたいのが来たら大変だから」
 「来るんですか?」
 「来ません。羮に懲りてってヤツです。リスクをとらなくなったんです」
 「すると・・・」
 「市場にまわるべきお金がなくなります」

 専門的には「M2」といいます。FRBがいままで3回量的緩和をしてきました。それが利上げと資産縮小に転換しました。だからM2が減っているわけではないんです。金融機関が独自の判断で投融資に慎重になってるんです。ベースマネーが絞られているというより、金融機関がお金を絞り込んでいるんです。

 「M2が減るとどうなります?」
 「長期金利が上昇します」
 「すると?」
 「借金もしにくくなりますし社債も発行しにくくなります」
 「すると?」
 「自社株買いもしにくくなります」
 「つまり?」
 「株価が下落する」

 株価で支えられてるトランプは、米中貿易戦争を早く切り上げなくちゃいけないわけです。しかし、この米中交渉は「質」と「量」の2つでアプローチしてます。あちらを立てればこちらが立たず。困りました。

 「どうしてですか?」
 「ホワイトハウスがまっぷたつに分かれてるからです」
 「・・・ちょっとわかりません」
 「複雑怪奇ですからね。少し解説しないとわかりませんよ」
 「新聞とかテレビとかでわかりますか?」
 「政治も経済も投資も地政学もわかる人ってそんなにいませんし、いても危なくて話せませんよ」

 米朝会談でもトランプはトリッキーでした。米中でもやりそうですよ。3月は株価が乱高下します。久しぶりにトランプに振り回されそうですね。

 続きは次回。

 以上で転載終わり。

 3/13に配信した 『中島孝志の経済教室』メルマガ のテーマは 「米中合意ってホントにあるの?(第2回) 景気後退の真因は中国ではなくアメリカです。」 です。全人代とトランプの動きについてさらに詳しく突っ込んで解説しています。

 このご時世、インテリジェンス武装しなくちゃ生きていけませんな。「終わった人」なら日本の新聞とワイドショーで十分かもしれんけどさ。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

新潟の夜は美味かった。
[2020年08月04日]
[中島孝志の美食倶楽部]

昨晩午後10時に「緊急開催」しました!
[2020年08月03日]
[中島孝志の「ワンハンドレッド倶楽部」]

第20期東京原理原則研究会の新メンバーを熱烈募集します!
[2020年08月02日]
[中島孝志の原理原則研究会]






プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


『中島孝志の実戦!社長塾 社長しかできない、だから社長をやる!』

『ウイルス拡散で孤立する中国! 習近平は「平和ボケ日本侵略」を決断する!』

『トランプは「対中軍事戦争」を決断した!』

『成功するリーダーの心理学』

『だれも知らない「天皇」の歴史を探求する!』

『成功の秘密は「無意識のちから」にあった!』

『個を育て、個を生かす!強いチーム作り』

『人をつくる、人を育てる、人を活かす!』

『強運を引き寄せる原理原則』

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!