カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2019年04月05日 (金)

「メルマガ経済教室」をまんま転載します。。。

 明日から新潟原原がスタートします。来週は名古屋、大阪で原理原則研究会がスタートします。
 迷ってる方、5センチ手前ではなにも見えません。5センチ入ればすべてが見えてきます。
 迷ってる方。原原がいつまでもあると思わないでください。
 迷ってる方、なにより、あなたが、私がいつまでもいると錯覚しないでください。
 迷ってる方。迷ってる暇などありません。やるかやらないか。人生はいつもこれだけです。



 人生するりと抜けるより、反問しながら汗をかいて歩くほうがいい。真剣になるのは大事。けど深刻になってはダメ。遊びをせんとや生まれけん、でんがな。


 というわけで、4/2深夜(水)に配信した「3分でわかる!チャートたっぷりメルマガ!中島孝志の『経済教室』 をまんま転載します。テーマは 『「新元号」について考える。』 でした。

 「経済教室」ってどんなの? 経済・金融・投資のインテリジェンスがメインですが、地政学・戦争・社会問題・ビジネスヒントまでカバーしています。具体的な金融情勢と銘柄のチャート分析がしっかりカバーしてるのは「どん底メルマガ」ですが、これは投資に影響を与える国際情勢についてはお話しますが、国内政治等のローカルな話題には触れません。

・・・・ここから転載・・・・ 

 おばんです。中島孝志の「経済教室」です。

 新元号が決まりました。「令和」だとか。ブログにも書きましたが、ピンと来ませんね。
 おいおい、なじんでくるのでしょう。けど、平成の場合はすんなり染みてきたような気がします。



 『万葉集』から採られたと聞いてます。おかげで書店ではこの出版不況の中、『万葉集』がバカ売れだとか。大手書店教文堂(9978)の株価が上がる(10.52%高)も村上春樹さんのノーベル文学賞狙いだけではないようです。
 毎年4月に仕込んで9月のピークで売却してきましたが、万葉集効果で早めに上昇しています。このままノーベル文学賞発表(10月)まで続けばいいですが、今回は見送るつもりです。なぜか? ファンダメンタルズがあまりにも良くないからです。「どん底メルマガ」をお読みでしたらおわかりになると思いますが、10%程度ならいつでもとれますから。

 日経平均株価は新元号のおかげもあってか、大幅上昇。とくに菅官房長官の発表に合わせて477円の最高値をつけましたよね。


閑古鳥が鳴いてる書店が少しは賑わってくれるでしょう。カズレーザーさんて本名が金子和令さん、ていうらしいですね。売れっ子がますます引っ張りだこ。ボンバーさんは新曲をプロデュース。スタンバってたんでしょうな。ユーチューブでも話題です。マーケの勝利になればいいですね。

 新元号の便乗商法はいろいろです。「令」か「和」かいずれかが名前にあればビール半額、両方あれば無料とする居酒屋さん。ハンコやカレンダー、印刷関係は追い風でしょうね。デパ地下でも贈答品に「令和」と入れるとか。5月1日付けでお得意さんに配る等々、これもブームになりそうです。

 「変化」を先取りする。これは商売の極意です。変化こそチャンスです。変化があるとわかっていながらなにもしない、動かない。こういう人は商売人にはなれません。投資家も無理です。

 『万葉集』? ならば文教堂だ! 連想しなくちゃ。

 「令和こんにちは! 平成ありがとう!」と刷り込んだだけで売れそうな気がします。
 消費を喚起する。お客様のモチベーションの背中を押してやる。商売はそういうことです。



 ところで、元号の件ですが、腑に落ちないことばかり。慶事という流れに棹さすようで恐縮なんですが、ひと言だけ。

 官房長官に続いて、ほんとうのスポークスマン登場。選挙前に国民(有権者)を独占できる絶好のチャンスです。
 新元号に対する思いを「首相談話」として発表。



 本来、「元号」を決めるのは天皇の大権でありまして、首相とか、まして有識者の出番ではありません。有識者の顔ぶれを拝見しますとなんの研究者なのかわからぬ電波芸者もちらほら。
 ま、元号法なるものが昭和54年(1979年)に制定されまして、「元号は皇位の継承があったときに政令によって定める」と書かれています。

 しかし本来、元号は天皇の勅諭、御名御璽によって決められるものです。

 1889年制定の旧皇室典範「踐祚(せんそ)ノ後元號ヲ建テ一世ノ間ニ再ヒ改メサルコト明治元年ノ定制ニ從フ」(第12条)とありますが、1868年10月23日(明治元年9月8日)の「今後年号ハ御一代一号ニ定メ慶応四年ヲ改テ明治元年ト為ス及詔書」という政令ですでに一世一元と定められていました。
 その後、1909年、「天皇践祚ノ後ハ直チニ元号ヲ改ム。元号は枢密顧問ニ諮詢シタル後、之ヲ勅定」するとされました。

 つまり、元号は天皇陛下自ら定め、自ら詔書で発表するとされていたのです。

 敗戦後、GHQがわが国に乗り込んできて憲法を作りました。そこに「皇室典範」は抜け落ちていました。
 敗戦前、憲法と皇室典範と同格でした。ところが、200年程度の歴史しかないアメリカ、しかも移民国家ですから、「皇室」が理解できません。宗主国の英国はというと、たんなる領主の集まりですから、参考にはまったくなりません。
 
 結局、やっつけ仕事でつくったのが戦後の「皇室典範」となります。すなわち、新元号を専門家に提案させ、有識者に図り、閣議決定し、陛下に報告して、「御名御璽」をいただく、とするものです。

 もちろん、この工程そのものが僭越至極です。

 首相が事前に天皇陛下と皇太子殿下にご説明申し上げる、としていますが、一国の統治者といえども、臣下に過ぎません。

 だれが言い出したかわかりませんが、「ご退位」とはなんのことでしょうか?
 ブログで何回も書いてきましたが「ご譲位」に決まっています。「譲位は天皇のご意志による皇位継承で憲法に抵触する」。だから使えない、とする役所の縛りでこんな奇妙な表現になったのです。

 「元号なんていらない!」とする共産党のみなさまの考え方もあるでしょうが、はたしてそれが「国民」に広く受け容れられるでしょうか。次期選挙では「元号廃止」「令和祖師」と公約に大きく謳ってもらいたいものです。



 明治というイメージ、大正というイメージ。昭和、平成というイメージあります。
 たとえば、明治は御一新。革命というイメージです。アジアで産声をあげた小さな小さな国が列強に侵略されまいと必死に国造りをした、という歴史の具現化です。

 大正はやはり関東大震災。このおかげで全国的に塩素を活用した水道網が敷設され、新生児の死亡率が激減しました。おかげで平均寿命が延びました。そして民主主義。大正デモクラシーです。

 昭和は欧米列強と肩を並べ強国となったものの、明治からロシアとの緊張関係は相変わらず続き、ロシアに国を売り、わが国との戦争を唆す朝鮮を取り込むことを決意。半島に乗り出さざるを得なくなります。反対する伊藤博文を暗殺したのはフランスのコミンテルンであり、犯人は朝鮮人ではなかったと明らかになっていますが、いまさら、旧ソ連のコミンテルンが認めるはずもありませんし、ソ連そものが滅びてしまいました。
 昭和は戦争、敗戦、そして敗戦から復興への歴史。そして繁栄の歴史です。

 平成は一転、バブル崩壊。繁栄の裏返し。「経済敗戦」と言ってもいいでしょう。日露戦争の借款を返済し終えたのもプラザ合意直後でした。このくらいかかってもわが国は借金は必ず返す。この信用は世界でも唯一といっていいと思います。借金は踏み倒してなんとも思わない。約束は守らない。国と国との約束も守らない。そういう国も世の中にはあるのです。
 孤高の英国が唯一、同盟国としたのも東洋の日本だけでした。

 平成は経済敗戦、そして復活です。

 こうみてきますと、わが国そして国民はなんとうたれ強いのか、そしてなんと哀しいほど、周辺の狡猾な連中にだれされてばかりいる、おっちょこちょいのお人好しなのかがよくわかります。

 元号は時代認識(時間)を区切ります。「だから憲法違反だ」と主張して訴訟までする暇人もいます。たしかに時代を区分します。だからメリットがあると考えるか? そこまで国に口を挟まれたくない、権力の横暴と考えるのか?

 日本人は対立させず仲良くする。訴訟でも和解が大好きです。なぜなら、和解は勝者も敗者も作らないからです。勝者と敗者をあえて鮮明にするメリットよりもデメリットのほうが多い、と賢明な日本人は心得ているのです。
 なぜか? 時間は長い。時間の中に喜怒哀楽をすべて織り込んで生きていく。敗者も勝者も同じ時間を生きていく。モノの見方考え方次第で簡単に入れ替わる。それが歴史の本質だ、と日本人はだれに言われなくても心得ています。

 令和。いったいどんなイメージになるのか? どんなイメージを思い描く時代をつくるのか? いま、これからの日本人にすべてかかっています。

 弥栄!

・・・引用終わり・・・

 ま、テーマが特殊ですが、旬の話題を「経済」という切り口でわかりやすく解説しています。とても3分じゃ読めんわな。今回は長すぎるわな。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

第19期東京原理原則研究会の新規メンバーを熱烈募集します!
[2019年07月17日]
[中島孝志の原理原則研究会]

日本一の戦略財務スペシャリストに節税・事業承継のウルトラCを教わりませんか?(無料です)
[2019年07月16日]
[中島孝志の原理原則研究会]

「対韓制裁」を「参院選」にぶつけてきた安倍政権の戦略。
[2019年07月15日]
[中島孝志の不良オヤジ日記]

プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!