カテゴリー:中島孝志の不良オヤジ日記

2019年11月25日 (月)

GSOMIA継続で「地獄」を見る文在寅。

 忘れないうちに(その1)・・・明日は東京原原です。メンバーはご参集ください。二次会の連絡もよろしくね。そして週末29日(金)は博多原原、翌30日(土)は出雲原原です。いずれもオーラスですよー。新入生候補、たくさん動員してくださいねー。お・ね・が・いっすーー。

 忘れないうちに(その2)・・・24日(23日深夜) “どん底銘柄 特急便”を配信しています。タイトルは 『リスクオン?リスクオフ? 抜群のパフォーマンス「うねり取り銘柄」「F」「A」「U」12-1月好決算期待「Y」「P」「K」「U」国土強靭銘柄「W」「B」チャート解析研究!』 です。ご期待ください。

「U」来ましたねー。17%高です。「A」5.2%高。「A」4%高。

 忘れないうちに(その3)・・・25日(24日深夜) 「3分でわかる!チャートたっぷり!中島孝志の『経済教室』 を配信しています。テーマは 『「GSOMIA破棄から一転継続」で地獄を見る文在寅!これから中国の苛めが始まる!!』 です。

 今回は中身を少しだけご紹介しましょう。

・・・・・・・引用・・・・・・
 一転「GSOMIA継続」となりました。

「日本は何も譲っていない。韓国は情勢の判断を誤り、ぎりぎりになって米国の圧力や日本の働きかけを受けて『ベタ降り』」
「米国の圧力は相当なもので、破棄の場合の制裁を恐れた」
髭の隊長こと佐藤正久参院議員(元・外務副大臣)のコメントが秀逸です。



 来年選挙で支持層を裏切るわけにはいかない。けど、破棄したらトランプ政権は空前絶後、最大級の非難を文在寅政権に向ける、と発言していました。



「GSOMIAの問題は日韓関係ではなく米韓関係だ。万一、破棄したらトランプ大統領が何を言い出すかわからない」

 ビビったんですね。韓国政権は文在寅に限らず、米中に睨まれたら終わり。ヒラメのようにいつも「強国」「大国」のご機嫌をとって生き抜いてきました。

 アメリカにとって、韓国と日本は太平洋進出をもくろむ中国封じ込めにはいちばん重要な拠点です。中国にとっても韓国と沖縄は「一帯一路戦略」を実現するために欠かせない拠点です。

 ただし忘れてならないことは・・・米軍はいつもいつも戦争をしている「戦争国家」であるのに対して、いかに核戦力、ミサイル、空母等々、予算の多くをしゃにむに軍備に突っ込んではいるものの、「戦争」をしていない、したところで、朝鮮でベトナムで勝ったことがない中共軍にとって、いちばんの脅威はアメリカなんです。

 米中の間に挟まれていつも股裂きにさらされている韓国というか半島は地政学にも悲劇のど真ん中。韓国にしてみれば、あちらを立てればこちらが立たず、こちらを立てればあちらが・・・というジレンマにいつも陥っているわけです。

 文在寅がえらんだ戦術は「のらりくらり」です。時間を味方につけることです。

 米国から要請されている「THAADミサイル(終末高高度防衛ミサイル)」にしても、導入すると発言するや、中国の徹底的な反発を受けて貿易停止。困りに困った韓国は、「中国を狙ったものではない。中国の安全保障上の利益を損なわない」と約束させられてしまいました。「THAADはもう不要だ。撤去させる!」と命じることも可能になりました。

 韓国は中国に弱いですね。

 なぜか、中国は必ず報復するからです。しかも経済だけではありません。いざとなれば戦争も厭いません。いままで朝鮮はいつも脅かされてきましたから「パブロフの犬」になってしまいました。

 ところで、アメリカはどうかというと、追加のTHAADを要請しています。できるわけがありません。これに対して表向きは「検討していない」と国会で答弁していますが、オフミーテイングでは「必ずやりますから」と伝えているはずです。

 しかし動かない。



 中国の顔を見て、アメリカの顔を見て、どちらにもいい顔をする結果、時間だけが過ぎていく。「のらりくらり」と「宙ぶらりん」こそ韓国がとるべきベストの解決法でした。

 これで本当に解決できるのか? できるわけがありません。韓国がこの間失ったものは「信頼」です。
 残念ながら、韓国は政府だけでなく企業、民間レベルでも「信頼」されていません。その真因はどこにあるのか?
 
 「過去を反省し、総括し、新たに出直す」ことができないお国柄だからです。日本には常に過去の反省と賠償を求め、いまのいままで、だらしない日本政府と利権をありがたがる政治屋たちに食い込んで意のままに賠償金をせしめてきました。

 安倍政権は拒絶。これにいちばん驚いたのは日本の親韓政治屋たちでしょう。そして韓国政府でしょうね。

 視野狭窄な人ほど転身できません。進化できません。ダーウィンの『進化論』でもどんな生物が生き残って、どんな生物が滅んだか、明々白々。まさに、脱皮できない蛇は死ぬしかありません。



 康京和(カンギョンファ)外相は「当面維持」とが決まったGSOMIAについて、「韓国はいつでも終了させられる権利を留保している=輸出管理厳格化を撤回しなければ破棄も辞さない」と述べていますが、相変わらず「強がり」しか言えません。

 残念ながら、もう詰んでいるんです。トランプ政権の強権発動に屈してしまいました。それをごまかしたくてテレビで余裕のある処を見せたかったのでしょうが、一目瞭然。

 今回の対処はあくまでも「条件付きGSOMIA終了停止」にすぎません。つまり、問題解決の先送りです。

 トランプは在韓米軍経費の5倍増でけでなく、懸案の「THAAD拡充」を要請するはずです。
 絶対に受け入れられないは韓国ではなく中国です。明々白々、これは米中覇権戦争の一環です。「今回の裏切り」について、中国は文在寅を徹底的に非難、糾弾、攻撃するはずです。

 実は、新北・親中の文在寅はアメリカから50憶ドルもの駐留費を払いたくない。GSOMIAも継続したくない。けど、しないとトランプが怖い。中国も怖い。どちらも怖い。そこで「宙ぶらりん」「のらりくらり」大統領はどうしたか?

 直前に「保険」をかけていました。すなわち、「拡大ASEAN国防相会議(ADMMプラス・11/18)」でバンコク訪問中の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)国防部長官に命じて、中国の魏鳳和(ギ・ホウワ)国防相と「二国間防衛の交流と協力を促進する軍事ホットラインを増やし、2020年に中国訪問を進める」ということで同意しています。

 米中覇権戦争の真っただ中だからこそ、高く売れると計算したんでしょうね。文在寅は。

 けど、この人、やることなすことすべてが裏目に出ています。決断したことの反対をやれば成功するのにね。これがトランプを激怒させないわけがありませんよ。

 あちらにもいい顔をする。こちらにもいい顔をする。結果、どちらからも信頼されない。軽蔑されるだけ。まともな韓国人は呆れているはずです。だって、ますます「信頼」を失うだけですもん。

 けど、歴史上これが半島の伝統なんです。

 どちらに転んでも「地獄」を見る宿命にあるようです。
・・・・・・途中ですが終了・・・・・

 「中島孝志の3分でわかる!チャートたっぷり!経済教室メルマガ」をぜひぜひご購読ください。祝祭日に関係なく、毎週月・水・金と3回配信しています。コスパ最高だと思うよ。

 さて、今日の「通勤快読」でご紹介する本は 『ビートルズは何を歌っているのか?』(朝日順子著・1,731円・音楽出版社) です。とてもいい本です。

中島孝志の読む!通勤快読 宅配便






ご案内

東京原理原則研究会

大阪原理原則研究会

名古屋原理原則研究会

博多原理原則研究会

新潟原理原則研究会

出雲原理原則研究会

札幌原理原則研究会

松下幸之助 経営研究会

スピリチュアル研究会
濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会


最小コストで最大効果!宣伝効果抜群!!らくらく業績アップ!企画の相談から出版が実現するまで中島孝志が責任をもってプロデュースします。


『完全決定版!最短距離で作家になる方法』

最近の投稿

新潟原原番外編「村上 鮭と酒と美食ツアー」(その2)
[2019年12月11日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

新潟原原番外編「村上 鮭と酒と美食ツアー」(その1)
[2019年12月10日]
[中島孝志の「日本伝統文化研究会」]

2020年度「ぴよこちゃん倶楽部(第8期)」新メンバーを熱烈募集します。。。
[2019年12月09日]
[黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部]




プロフィール

中島孝志(なかじまたかし)
■東京生まれ。早大政経学部政治学科、南カルフォルニア大学大学院修了。PHP研究所、東洋経済新報社を経て独立。経営コンサルタント、経済評論家、ジャーナリスト、作家 (ペンネームは別) 、出版プロデューサー、大学・ビジネススクール講師等ビンボー暇無し。
■ビジネスパースンのアフター5勉強会の先駈け「キーマンネットワーク」を26歳から主宰。ただいま全国で開催している勉強会は
「原理原則研究会in東京」
「原理原則研究会in大阪」
「原理原則研究会in博多」
「原理原則研究会in名古屋」
「原理原則研究会in神の国出雲」
「原理原則研究会in新潟」
「原理原則研究会in札幌」
「松下幸之助経営研究会」
「中島孝志のスピリチュアル研究会」
「日曜読書倶楽部」
「濡れ手で粟!中島孝志のビジネス研究会」
「黄金の卵を産む!ぴよこちゃん倶楽部」

■講演・セミナーは銀行、メーカー、外資系企業等で大人気。全国紙をはじめ専門誌、永田町メディア、金融経済有料サイト、大手企業広報誌から宗教団体機関誌などの連載を20年以上続ける。
■著訳書は480冊(電子書籍100冊含む)。大臣や経済団体トップなど政財界をはじめとした要人プロデュース延べ500人超。読書は年間3000冊ペース。落語と宝塚歌劇、大衆演劇、そしてシャンソンの熱烈なファン。
■日本青年会議所の「TOYP(人間力)大賞」を87年から3年連続受賞の快挙(横浜JC推挙)。
■伝説の白熱教室 配信開始! いつでもどこでも何度でも好きなだけ視聴できます!「中島孝志の原理原則研究会オンラインセミナー」
■短期間でハイリターン!チャート解析マスター!投資メルマガ「V字反発する“どん底銘柄 特急便”」配信。
■月水金と週3回配信メルマガ「3分でわかるチャートたっぷり!「中島孝志の経済教室」
■講義資料(カラー小冊子)と講義音声配信!「2020年!経済教室ほぼ毎月講演シリーズ」
■音声&テキストで平日毎日配信!ビジネスで使えるインテリジェンス情報サイト「中島孝志の 聴く!通勤快読」と年3000冊読書王「中島孝志の 読む&見る!通勤快読」メルマガが超人気!
■売上利益を格段にアップさせる!営業教育スキルの決定版!「超かんたん!アポ取りマニュアル」

中島孝志の最新刊!(買うてや。頼んまっせ!)


超人気の原理原則研究会講義がDVDになりました。いつでもどこでも何度でも「白熱教室」を満喫ください。

超人気の原理原則研究会講義がDVDになりました。いつでもどこでも何度でも「白熱教室」を満喫ください。

超人気の原理原則研究会講義がDVDになりました。いつでもどこでも何度でも「白熱教室」を満喫ください。

全世界のコンサル・ファームが活用してるスキルを1冊に集約。仕事を成功させるコンサルタント大全です。

20万冊売れたあのベストセラーがいよいよ復刻。書店、キオスク、コンビニのチャネルで新たに仕掛けます。

仕事と人生の「ロス」がなくなる! 「ミスよけ=失敗を予防するちょっとした仕組み」を全160個紹介!

2018年、「戦争」の時代が始まる! 暴落と背中合わせで進む株高。いまベストの投資はこれだ! トランプTPP復帰も予測!

イタリア国債急騰。イタリアの政変なんていつものこと。真因はドイツにあります。2年遅れでいよいよ表面化!? もう逃げられんわな。

残業ゼロで圧倒的成果を上げる人、的確な予測で精度の高い意思決定をする人はみな「数字力」を武器にしています。“アバウト仕事”を徹底改善する数字の「読み方」「使い方」を多数紹介!

トランプ弾劾危機が世界恐慌のきっかけ? いいえ、ユダヤ左派最後のあがき。北朝鮮を挑発してるのはトランプ。その時、日本経済は? メディアが絶対伝えられないコンテンツばかり。

15年前のベストセラーを全面改訂。事例はすべて新ネタ。トランプとイヴァンカのことまで書いてます。読んでねーーー。

「断る」「見切る」「諦める」……実はこれで成果が確実に上がる48のルール。

ギリシャ危機とチャイナショック、アメリカの利上げで世界は大混乱。一方、日本政府は「マイナンバー制度」をいよいよ導入。いよいよ国民資産の収奪計画が始動した?

あっという間に6刷です!今度、文庫になりま〜す。

17刷20万部突破。NHK「テストの花道」で紹介されました。

10刷10万部突破。

3刷出来!

10刷出来!

作家になりたい人必見DVDです!